• fumiworks F.Suzuki

残すところ…



前回のブログアップから2ヶ月半も経ってしまいました、、、、

今年も残すところ2ヶ月.......このような言い方をすると妙に焦りますねー。

皆様お元気ですか?

レッスンを待ってくださっている皆様、本当に長らくお待たせしていて本当にごめんなさい🙇‍♀️10月より自宅でのレッスンを久しぶりに増やし、この後自宅以外でのレッスンを行うつもりでいるのは間違いなく、私のレッスン準備は整っているものの、場所決めに難航しておりまして.......。もう少しお待ちください。レッスンにオススメの場所情報も大歓迎です.......🙏


さて、自宅レッスンの生徒さんが大分増えて、相変わらず?益々?準備や試作に追われる毎日を過ごしています。

シュバルム刺繍、HEDEBO、そしてReticelloを初めとするイタリア刺繍は安定人気で常にレッスンをしていますが、最近はドロンワークとラスキンレース、イニシャル刺繍のご要望が多いような。何故でしょうかねー?面白いですね。ドロンワークはご存知の通り大変古くからある刺繍で、一生ドロンワークだけ追求していけるほど色々なステッチがありますし、色々な国でそれぞれに発展したバリエーションがありますが、ドロンワークだけをじっくり習えるお教室が少ないからでしょうか。ラスキンレースはReticelloと同じ起源を持つ刺繍で、イギリスの湖水地方の歴史や産業なども絡んで発達した刺繍ですが、こちらもこれだけを習うという事は無いかもしれませんね。fumiworks embroideryでは、ドロンワークについては、サンプラーや、ドロンワーク盛り沢山のクッション、クロスなどを参考作品としてお教えしています。ラスキンレースについては、これまでブックカバーやドイリーを参考作品としていましたが、もっと色々なステッチを生でお見せした方が良いなと思い、先日こんなサンプラーを作りました。


サンプラーでもあり、クロスとしても、そんな感じでしょうか。



よく生徒さんと話しますが、白糸はちょっとパズルのような感じがあって、一筆で如何に行って帰ってくるか、少ない糸つぎで効率的に刺しすすめるか、等などパズルのようにシュミレーションをすることがよくあります。ラスキン然り、Reticello然り。HEDEBO然り。ハーダンガー然り。慣れてしまえばどうということも無いですが、これも面白さのひとつかも知れません。ボケ防止にも最適!


生徒さんのお土産💕ありがとうございます💋

ではまた!

© fumiworks embroidery

当サイトに掲載された作品・情報の無断転載・商用利用はおやめ下さい

  • Black Facebook Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon